ホーム > コーヒー豆の保存方法

IMG_4004

コーヒー豆は生鮮食品という感覚で保存を心がけると、おいしさを長くお楽しみいただけます。

豆は焙煎してから酸化が始まり、挽いて粉にするとそれがさらに早まります。
できる限り酸化を防ぎ、新鮮な状態を保つため高温多湿、空気の接触、直射日光を避けて保存してください。


  • 常温保存で2週間程度。2週間で飲みきれなさそうな場合は、密封して冷凍保存してください。
    2カ月ぐらいはおいしさが保てます。コーヒーを入れる前に解凍の必要はありません。

  • 購入後はすぐに冷凍保存をしてください。1カ月ぐらいはおいしさが保てます。
    コーヒーを入れる前に解凍の必要はありません。